「WordPress 5.0 」のインストール後、新規追加や投稿画面が真っ白になった。

焦った。
1000ページ以上記事のあるブログだし稼いでいるブログでもある。

ただ、救われたのは他の機能は使えること。
なぜかこの投稿画面だけに不具合が発生している、という事だけはわかったから、なんとかなる、と思った。

そして…なんとか以前のように投稿できるようになった。。

私のように、バックアップも取らず、説明も読まず、やってしまった人のために書いておきます。

 

 

WordPress に限らず、プラグインの更新後の不具合も起こったことは過去に何度もある。
なら、ちゃんとバックアップしてからやれよ!と思うのだが…つい、更新をクリックしてしまうバカな私。

◯解決方法はエディタープライグインをインストールすること

プラグインは、2種類ある
・「Gutenberg」
・「Classic Editor」

このどちらかのインストールで、解決するようだ。

「Classic Editor」を入れてみた

WordPress 5.0 をインストールするにあたり、実はこういう画面が最初に出ている。


(※この画面は、一度消してしまうと、次からは出てこない)

◯今日から新しいエディターを試しましょう。
「Gutenberg」
このプラグインは、今後出てくる新しいワードプレスのデフォルトのプラグインとして有効になるらしい。

◯まだ準備ができていませんか ?
「Classic Editor」
こちらは、これからインストールするWordPress 5.0が、今現在使っているテーマに互換性があるかどうかわからない時、これを使って回避してくれ、ということのようだ。

この説明から「WordPress 5.0」と私のブログのテーマに互換性が無かったので真っ白になってしまった、という事だろうと納得。
※一応…私のブログのテーマは「cocoon」でした。本当にこのテーマと互換性が無かったのかどうなのかは、定かではありません。
※追記 「cocoon」を使っているもう一つのブログは、問題なく「Gutenberg」に変更されていました。もしかしたら、プラグインか何かの影響なのか?という可能性も浮上してきました。

やっとのことで、この答えにたどり着き、どちらをインストールするか迷いましたが、私は、取りあえず「Classic Editor」をインストールした。

結果…今までと遜色なく表示され、ほっとした。

Classic Editorをインストールする方法

「WordPress 5.0」を更新してしまうと、先ほどの画面がすでに消えてしまっているので…

サイドバーから プラグイン⇒新規追加⇒Classic Editorと入力

今すぐインストール⇒有効

有効にすると、投稿画面は、使えるようになる。

Classic Editorをインストール後の変化

インストール後の変化は今のところ3ヵ所見つかった。

1、投稿一覧を見ると、「Classic Editor」の文字が入った。

2、さらに(スクショはできなかったが)

【ブロックエディター | Classic Editor | クイック編集 | ゴミ箱へ移動 | プレビュー】

ブロックエディター | Classic Editor | というのが追加されていた。

ちなみに、この「ブロックエディター」をクリックすると、画面が真っ白になる。

3、プロフィールの個人設定のエディターが

こんな感じになっていた。

追記 Classic Editor 更新後

Classic Editor が更新された。

1、上の変更点「3つ」が全て、なくなっていた。

インストール済みプラグイン⇒「Classic Editor」の設定⇒すべてのユーザーのデフォルトエディター
で、確認できるようになった。

2、ダッシュボードの更新で、WordPress の更新に「再インストール」ができるようになっている。試しにやってみたが、Gutenbergは使えるようにはならなかった。

なお、「Classic Editor」についての説明は以下の通り…

※この画面を見たい時は、サイトのアドレスに【/wp-admin/about.php 】を付けて、「こんにちは新しいエディターです」の一番下にあります。

WordPress 5.0 は、今まで使っていたエディターがない?

何も読まずにアップロードしてしまい、投稿の新規作成画面が真っ白になってしまった方、問題はエディターのようです。

WordPress 5.0にアップロードすると今までのエディターが使えなくなってしまう様です。

確かにこれまで、何度もアップデートのお知らせはあった。
なんか面倒だな、という感じでスルーしていたのが仇になったようだ。

改めて見てみると確かに新バージョンのWordpressは「エディターが変わる」とあった。
だが、それだけではピンとこない。

実際このようになって初めてピンとくるのだ(私のような者には)。

今回とりあえずクラシックバージョンをインストールすることで解決したが、今後「Gutenberg」(ぐーでんべるぐ)がWordpressのデフォルトのエディターになると書いてある。

だから「Gutenberg」に慣れてね、ということらしいのだ。

ま、今回は何とかなった。

ただ…

・今の状態で「Gutenberg」にしたらどうなるのか
・WordPress 5.0に更新する前にエディタープラグインは入れた方がいいのか

は、試していないのでわからない。

WordPressテーマ「スワロー」の場合

有料のWordpressテーマ「スワロー」をWordPress 5.0に更新したら…

こうなった。
これが「Gutenberg」らしい。

※「スワロー」は互換性がある、という事だろう。

まだ使ってないので何とも言えないが、ぱっと見、慣れるまで時間がかかりそうだ。

このテーマ「スワロー」をWordPress 5.0に更新した後、やっぱ使いずらい、今までのエディターの方がいい、なら「Classic Editor」をインストールすれば、いい。

追記「Classic Editor」をインストールしてみた

Classic Editor(プラグイン)を入れると自動的に、投稿画面が前のバージョンになった。

Gutenberg」に戻したい時は

また「Gutenberg」に戻したい時はインストール済みプラグイン⇒「Classic Editor」の設定にいき、

ここで、切り替えができる。

なお「Gutenberg」の使い方を改めて見たい時は、サイトのアドレスに【/wp-admin/about.php 】を付けると使い方や解説を見ることが出来る。

追記…

WordPressテーマ「権威」は互換性あり

有料の Wordpressテーマ「権威」は互換性があった。