ここで終わっていて欲しいことは

エックスサーバー側に…
・ドメインを移動した
・ワードプレスのデータを移動した
・データベースのデータを移動した

これらが出来ていたらやっと「wp-config.phpの書き換え」ができます。

テラパットとは

snapcrab_noname_2016-8-20_16-11-9_no-00

「テキストエディタ(メモ帳とか)」の一種です。
ワードプレスのファイルの内容を書き換える事ができるソフト」です。

普通のパソコンに付いているメモ帳で書いてそのままアップしたら文字化けしてしまいます。難しいことはわかりませんが、文字コードとか、ファイル形式とか、合わせないとだめらしいです。

テラパット以外にも良いテキストエディタもあるらしいのですが、私は、これで十分だと思います。フリーソフトなので、もってなければ、窓の杜などでダウンロードしてください。

wp-config.phpの書き換え

エックスサーバーに移動したワードプレスの中に「wp-config.php」というファイルがあります。このファイルをテラパットで書き変えるのですが、人によってやり方は様々だと思います。

私のやり方を紹介します。

1、ffftpでエックスサーバーに接続

sin10

2、右側の対象のドメイン「aaa.com」をクリック。

sin14

 

3、「public_html」をクリック
すると中身がずらーっと出るので、その中から「wp-config.php」を見つける。

sin15
4、見つけたらそのファイルだけ、左側(デスクトップ)にアップロード。
自分がわかりやすい場所にアップロードします。今回はデスクトップに置きました。

idou73

5、テラパットを起動する。
6、「ファイル」をクリックし「開く」をクリック。
7、「ファイルの場所」を「デスクトップ」にする。

※この時デスクトップ上に「wp-config.php」が出ない時がある。

idou76その時は、下の方の「ファイルの種類(T)」を「PHP]に変更すれば現れます。

8、「wp-config.php」をクリックする。

idou77

9、「開く」をクリック。

テラパットのだいたい29段目辺りにあるデータベースの情報がCORESERVER時代のままになっています。

 ・データベース名…amcok_kkk
 ・ユーザー名…amcok_kkk
 ・パスワード…bbbb

idou78
10、これをエックスサーバーのデータベースの内容に書き換える。

 ・データベース名…〇〇_aaa
 ・ユーザ名…〇〇_aaa
 ・パスワード…cccc
 ・ホスト名…mysql〇〇.xserver.jp

idou79

書き換えたら「上書き保存」します。

11、再びffftpに戻ります。
もしffftpを閉じていたら、1~3までの操作をする。
※そのままなら、左を「一つ戻り、再び戻る」という操作をする
…要は左に書き換えた後の「wp-config.php」を表示させればOK。

左がデスクトップの「wp-config.php」を表示
右がaaa.comの「public_html」の中身を表示している場面にします。

12、上書き(アップロード)する。
今度は左の「wp-config.php」を右の「wp-config.php」に上書き(アップロード)します。
sin16
これで、wp-config.phpの書き換えは終わりました。

CORESERVERからエックスサーバーへ移行…その道程

1…ワードプレスのデータをパソコンに保存する
1.5…余計なデータを削除…「Delete Post Revision」でリビジョンの整理
2…データベースのダンプファイルをパソコンにダウンロードする
3…ドメイン「〇〇.com」をエックスサーバーに登録し、データを移す
4…「MySQLデーターベース」をつくってMySQLユーザを追加する
5…phpmyadmin(MySQL5.5)でワードプレスのデーターベースをインポートする
6…テラパットを使ってwp-config.phpを書き換える
7…動作確認とネームサーバーの変更

では行きましょう!