いよいよワードプレスのデータベース(中の記事とか、写真とか後から入ったもののデータ)を移動します。その前に…ドメインの確認。

設定を行う対象のドメインを確認する

時間の都合で、次の日に作業を行うこともあると思います。そんな時は、ここを確認して、設定を行う対象のドメイン名を確認しておきましょう。間違って入れたら悲惨です…経験者は語る(^_^;)。

サーバーパネルの右上の枠に、これから設定を行うドメイン名が入っているか確認。

do1

もし違っていたら、
左下のここをクリックして、対象のドメインを設定してから作業をすること。

ta

phpmyadmin(MySQL5.5)でワードプレスのデーターベースをインポートする

1、phpmyadmin(MySQL5.5)をクリック

de2
sin122、ログイン
「認証が必要」と出るので、エータベース作成の時に作ったMySQLユーザID「〇〇_aaa」と「パスワードcccc」を入力してログインする。

薄水色とグレーのページになります。
左側を見るとデータベースの名前がここにでます。

do5この時点で中身は(0)。

3、データベース名をクリック。
すると、メニューが出るので…

do6

4、「インポート」をクリック。

do7

5、「ファイルを選択」をクリック。
すると、(パソコンのデスクトップとか、ファイルが保存されている所に)移動します。

ここでインポートする「ファイル」は、あのコアサーバーからパソコンに(左)移動(ダウンロード)した「dump」ファイルです。
※忘れた人は⇒ダンプファイル

6、ファイルを開いてクリックする。

sin13

バックが水色になり、下のバーにも同じスァイル名が表示されます。

7、「開く」をクリック。
すると、前のページに戻ります。
8、右下の「実行する」をクリック。do9

「インポートは正常終了しました。…」と出ればOK.

do10 do12

 

この数字の違いはよくわからないけど、これでインポートは終了です。

CORESERVERからエックスサーバーへ移行…その道程

1…ワードプレスのデータをパソコンに保存する
1.5…余計なデータを削除…「Delete Post Revision」でリビジョンの整理
2…データベースのダンプファイルをパソコンにダウンロードする
3…ドメイン「〇〇.com」をエックスサーバーに登録し、データを移す
4…「MySQLデーターベース」をつくってMySQLユーザを追加する
5…phpmyadmin(MySQL5.5)でワードプレスのデーターベースをインポートする
6…テラパットを使ってwp-config.phpを書き換える
7…動作確認とネームサーバーの変更

では行きましょう!