detab13

新しいデータベースを作る

ここでは、新しいエックスサーバー側に
データベースを作ります
・MySQLユーザーIDを追加します。

エックスサーバーの「MySQLデーターベース」を作成

1、エックサーバーの「サーバーパネル」にログイン。
2、「MySQL設定」をクリック。

detab13、「MySQLの追加」をクリックする。

4、任意の名前を入れる。
例として「aaa」としました。

deta31

5、「My SQLの追加(確認)」をクリック。

detab41

6、これで良ければ、MySQLデータベースを追加(確定)クリックする。

「MySQLデータベースの追加を完了しました。」
の文字がでれば、aaaという名前のデータベースができたことになります。

作成したデータベースにアクセスするためのユーザーIDを追加する

「MySQLデータベースの追加を完了しました。」の画面の上のバーの…

detab5

1、「MySQLユーザ追加」(左から4つめ)をクリック。

2、ユーザーIDもパスワードも好きな文字をいれる。

・MySQLユーザーID…aaa(※私は同じaaaにしています。)
・パスワード …cccc
・パスワードの確認…cccc

それぞれ書き込んだら…

3、MySQLユーザの追加(確認)をクリック。

detab9

4、MySQLユーザの追加(確定)クリック。

detab10
次は、作成したデータベースにアクセス権を追加します。

今、作ったデータベースの右側「アクセス権所有ユーザ」のところに、「ユーザーはいません」と表示されているのを確認したら
detab111

5、その右の「アクセス権未所有ユーザ」の枠の右の▼をクリック。
6、その中から、さっき作った「MySQLユーザID…aaa」を選び「追加」をクリック

7、「MySQLデータベースへのアクセス権の追加を完了しました」の表示が出る。

detab12

8、改めて「MySQLの一覧」をクリック

データベース 「〇〇_aaa」の アクセス権所有ユーザ「〇〇_aaa」
(※アクセス権未所有ユーザは、気にしなくていいです)

になっていれば、OKです。

 

※ここで作った「データベース名、ユーザー名、パスワード」はメモっておくこと
・データベース名…〇〇_aaa
・ユーザ名…〇〇_aaa
・パスワード…cccc

※このページの下の「MySQL5.5 ホスト名」も覚えておく
・ホスト名…mysql〇〇.xserver.jp
これで、新しいデータベースが出来上がりました。

CORESERVERからエックスサーバーへ移行…その道程

1…ワードプレスのデータをパソコンに保存する
1.5…余計なデータを削除…「Delete Post Revision」でリビジョンの整理
2…データベースのダンプファイルをパソコンにダウンロードする
3…ドメイン「〇〇.com」をエックスサーバーに登録し、データを移す
4…「MySQLデーターベース」をつくってMySQLユーザを追加する
5…phpmyadmin(MySQL5.5)でワードプレスのデーターベースをインポートする
6…テラパットを使ってwp-config.phpを書き換える
7…動作確認とネームサーバーの変更

では行きましょう!