前記事で「ワードプレスのデータ」をパソコンにダウンロードしました。
今度は「MySQLデータ」(データベースのデータ)、ダンプファイルをパソコンに保存する方法を書いていきます。

※リビジョンをしてから作業する方は、先にこちらを済ませて下さい
1.5…余計なデータを削除…「Delete Post Revision」でリビジョンの整理

CORESERVERにある「aaa.com」のデータベースのダンプファイルをパソコンにダウンロードする

CORESERVERでドメインを使う時に作ったデータベース名やユーザー名、パスワード、を覚えていますか?

例えば「aaa.com」の場合
・データベース名…amcok_kkk
・ユーザー名…amcok_kkk
・パスワード…bbbb
だったとします。

※アルファベットは任意、自分で決めたもの
※CORESERVERの場合、MySQLデータベースは「データベース名」と「ユーザー名」は同じです。

今回は、データベース名が必要です。思い出して下さい。

ダンプファイルをパソコンに保存する

ダンプとは、データベースの情報をファイルに書き出すこと。
これから、このダンプしたファイルをパソコンに保存します

1、CORESERVERの「CORESERVERの管理」画面にいく。

debe12、「サーバー設定」をクリックする。

とこの画面になります。
debe2

3、「管理メニュー説明」の「データベース」をクリックする。

「MySQLの追加・編集(最大:9999 個)」からドメイン「aaa.com」にワードプレスを入れた時に使ったデータベース名 (ユーザー名)「amcok_kkk」を見つける。
de-tabe-su11

※パスワードは確認をクリックすればわかります。

4、ラジオボタンをクリック。
5、下の「保存」をクリック。

すると

この画面が出るのでdanp
6、「OK」をクリック

3分待つ…

7、「ffftp」でCORESERVERに接続する。
右側のCORESERVERのトップのディレクトリからamcok_kkkの「dump」形式のファイルを見つける。
※見つからない時は、右側にある日付(と時間)を見れば、今、出来たものかどうかわかる。

8、左側に「ダウンロード」する。

 

ダウンロード先は、自分でわかりやすい所(例えばデスクトップとか)にダウンロードしてください。sin6

ちなみ私は「D:」に「kkk d」という名前のフォルダを作って入れました。

これで、データベースのデータ(ダンプフォルダ)は、移動出来ました。

 


 

ここまでで、2つのデータの移動(バックアップ、ダウンロード)ができた事になります。

1.移転元で必要なデータの準備

1 WordPressサイトファイルの移動(ダウンロード)
 ⇒ワードプレスのデータをパソコンに保存する

2 データベースのバックアップの移動(ダウンロード)
データベースのダンプファイルをパソコンにダウンロードする
が、できました。

では、次にやることは

2.エックスサーバーへの移転作業

1 ドメインの追加、設定

2 データベースの作成

…データーベースをつくってMySQLユーザを追加する
です。

CORESERVERからエックスサーバーへ移行…その道程

1…ワードプレスのデータをパソコンに保存する
1.5…余計なデータを削除…「Delete Post Revision」でリビジョンの整理
2…データベースのダンプファイルをパソコンにダウンロードする
3…ドメイン「〇〇.com」をエックスサーバーに登録し、データを移す
4…「MySQLデーターベース」をつくってMySQLユーザを追加する
5…phpmyadmin(MySQL5.5)でワードプレスのデーターベースをインポートする
6…テラパットを使ってwp-config.phpを書き換える
7…動作確認とネームサーバーの変更

では行きましょう!