ribi1

リビジョンとは

ワードプレスの投稿の記事をかく画面で右上に「リビジョン」という項目があるのをご存知ですか?これは、クリックするとわかるのですが、過去に書いた書き直し前の記事が、そのまま残っているんですね。私は、これを利用したことはないのですが、
・投稿画面の自動保存
・前に書いた記事
が自動的に残っている、ある意味便利なシステムだそうです。

上の画像は、私のとあるサイトのものですが、この記事には「18」のリビジョンがあります。この記事を書き直し、あるいは自動保存した記事が18あるということです。

更に下に行くと
ribi2

書き直しをした、日付がでています。こんな感じで、書き直しをするたびに溜まっていきます。

リビジョンもデータベースのデータ

記事が少ないならともかく、300記事以上書いているブログなら、1度や2度の書き直しは当たり前です。10日や1ヶ月前の記事を書き直すこともあります。

ワードプレスは、デフォルトではリビジョンの管理に制限がないので、次々と作成されます。 そのたびにリビジョンは増えていっているわけです。かといって、私は、よっぽどでなければ、このリビジョンは利用しません。

データを圧迫してしまうこともあるそうなので、普段からちゃんと管理しておくことも必要ということで、お薦めのプラグインがあります。

Delete Post Revisionというプラグイン

サーバー移行する時は、データベースも移動します。このリビジョンも含んだ膨大なデータも移動することになります。普段このリビジョンの管理をしていない人も、この際なので、リビジョンを削除して、データベースを軽くしてから、移動することをおすすめします。

Delete Post Revisionというプラグインを使う

「Delete Post Revision」をインストールする。

1、ダッシュボードの「プラグイン」をクリック。
2、「インストール済みプラグイン」をクリック
3、「新規追加」をクリック。
4、右上の枠「プラグインの検索」に Delete Post Revision をコピーして貼り付ける。
するとこの画面になります。

ribi7

5、「今すぐインストール」をクリックする。
「インストールしました」と出た後、
6、青いバナーの「有効化」に変わるので、クリック。

プラグインを見るとこの様に追加されています。

ribi8

7、ダッシュボードの「ツール」をクリック。

8、「Delete Post Revision」という文字をクリック。

この画面になります。

上の赤文字は、370 ←記事の数

ribi5
この下には、記事のタイトルと日付がズラ~ッと並んでいます。
そして最後にこのバナーが現れます。

「Delete 223」 という数字…リビジョンされている記事が223あるとわかります。

ribi4
この青いバナーをクリックすると、223のリビジョンが消えます
9、この青いバナーをクリックする

と…この画面…

ribi3

 

これで、23のリビジョンが、削除されました

でも、もし、リビジョンが必要なら、必ずしも削除しなくてもいいと思います。

サーバー移行でのメリット

このリビジョンを削除することでデータベースのデータを軽くしておいてから、サーバー移動すると多少の時間短縮になるはずです。


この作業は、必ずしもやる必要はないかもしれません。
でもやる時は、データベースのダンプファイルの移動前に済ませて下さい。

では、続きをどうぞ!

 ⇒データベースのダンプファイルをパソコンにダウンロードする