「インデックス カバレッジ」にエラーが現れた。

最近コンソールがベータ版に変わっていたのに気付いていはいたが、別に「近日提供予定…」とかいう項目もあり、あまり気にしていなかった。

ところが、
「サイト https://○○○.com/ で「インデックス カバレッジ」の問題が新たに 検出されました」

というメールが入ってきた。

あわてて、見てみると確かに、インデックスカバレッジのステータスエラーが1と付いていた

クリックすると

https://○○○.com/sitemap.html というアドレスが出た。

要は、「sitemap.htmlにnoindex タグが付いてるからエラーになったよ。」という事らしい。

サイトマップが noインデックス?サイトマップがインデックスされないのは、問題あるって事か?

そもそもインデックスカバレッジってなんだ?

今までのコンソールを熟知していたわけではないが、「インデックスカバレッジ」は新しくベータ版になったという事で追加された項目のようだ。

すなわち「インデックスカバレッジレポートを見ることで、どのページがインデックス登録されているかや、インデックス登録できなかったページの修正方法を確認できる」ってこと…らしい。

ま、わかりやすいっちゃわかりやすいかも。

このエラーが出たブログは、1年程、書いたり書かなかったりしていたサイトだったのを、最近
・「ワードプレスのテーマ」を変え
・日本語のカテゴリを英語表記に直し
・「http://」 を「https://」に変えたり…

といろいろいじくっていたサイトだ。

・記事数は56記事
・インデックス数は多い時で300近くあった。

その結果…

こんな綺麗な色になっていた(笑)。

特に「除外」の300という数字が気になるが、カテゴリ名をたくさん変えたことで404エラーが出た、ので除外した、という意味だろう。

「有効」93は、インデックス(登録)されている数。
記事数より多いから、良しとする。「http://」 のままのサイトの方と同じ数字なので問題は無さそうだ。

で、問題のエラーを解決する方法だが…

2つ見つけた。

プラグインの設定を変える方法

一つは「プラグインの設定を変える」方法だ。

参考にしたサイト↓はこちら

サイト名:SE Life Log – VBAを中心にその他IT備忘録 –
の【「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの原因と対処方法】
だ。※リンクは貼っていなので検索してみてください。

これは、プラグインの設定で「HTML形式でのサイトマップを含める」のチェックを外すだけ、という超簡単な対処法。

自分は、2つ目の方法を、やってしまったあとでこのサイトを見つけた。
こっちの方が遥かに楽だ。

ただ…「XML Sitemap Generator for WordPress 3.4.1」を使っている場合、「HTML形式でのサイトマップを含める」という文字は見当たらなかった。

英語がわからない(見つけられないだけだったら、ごめんなさい)ので「HTML形式でのサイトマップを含める」に該当する場所がわからない(恥)。

この場合は、もう一つの方法「プラグインのファイルからこの「noindex」のタグを削除する方法」を取る、あるいはXML Sitemapを新しいバージョン(4.0.9)に変えるのもいいだろう。

プラグインのファイルからこの「noindex」のタグを削除する方法。

もう一つは、プラグインのファイルからこの「noindex」のタグを削除する方法。
参考にしたサイトは↓こちら

サイト名:『iwb.jp』Web制作情報ブログ

の【WordPressの送信されたURLにnoindexタグが追加されていますの対処法】
※リンクは貼っていなので検索してみてください。

…/sitemap.xslの「noindexが入っている12行目のタグを削除すればいい」」らしい。

/sitemap.xslの場所や削除の仕方は、わかる人はわかるかもしれないが、たぶん、わからない人は、チンプンカンプンだろう。

私の方法で良かったら説明する。

sitemap.xslの見つけ方

1、FFFTPを開く
2、該当するサイトの「public_html」を開く
3、/wp-content(コンテンツ)をクリック
4、/plugin(プラグイン)をクリック
5、/google-sitemap-generator(サイトマップのプラグイン名)をクリック

すると
/sitemap.xsl

というファイルが見つかるはずだ。

/sitemap.xslの12行目を削除する方法

/sitemap.xslの12行目にある
<meta name=”robots” content=”noindex,follow” />

を削除する方法として私は「テラパット」を使った。

FFFTPで開いていれば/sitemap.xslを、そのまま左側にあるデスクトップにコピーする。

コピーしたらデスクトップ上でテラパットで削除して、

上書きしたら、改めて、FFFTPで元の場所に(上書き)戻せばいい。

※いずれもフアィル名は変更しないように!

 

 

12行目を変えてから、3日ほど経った。

メールが来ていた。
「インデックス カバレッジ」の問題を検証しています 。とあり、「…テストが完了しましたら、結果をお送りいたします。以下のリンクにアクセスして、テストの進捗状況をご確認いただくこともできます。」と書いていた。

もう少し様子をみて、直っていなかったら、2つ目の「チェックを外す」実行してみようと思う。

話は変わるが…

以前、XML Sitemapバージョンアップ問題があったので、実は 未だに3.4.1バージョンを使っているサイトがある。時々、赤い棒が消えるが、そんなもんだと思っている。そして、新しく作った別サイトには、4.0.9バージョンを使っているが更新頻度が低いため、不具合すらわからない…あの問題は解決しているのだろうか?そろそろ3.4.1バージョンに全部変えた方がいいかな?