トレンドアフィリエイトとして、使うアフイリエイトリンクは、アドセンスがほとんどですよね。

そこで、マニュアルには、必ずと言っていいほど「アドセンスをブログに貼り付ける時は「スポンサードリンク」を入れること!と書いてあります。

読者がそのサイトを訪れた時に、一瞬で「広告だ!」とわかってもらえるためです。

ラベルが一番簡単、だから。

誤解を招く見出しの下での広告配置

サイトのユーザーに誤解を与えないようにし、ユーザーがコンテンツと Google 広告を簡単に区別できるようにすることが大事です。AdSense のポリシーでは、「関連情報」や「関連リンク」といった誤解を招く見出しの下に広告を配置することは禁止されています。広告ラベルには、「広告」または「スポンサーリンク」のみを使用するようお願いいたします。それ以外のラベルは使用できません。

※アドセンスには、広告の表示に関して「見出し(ラベル表示)」は「広告」と「スポンサーリンク」のみを許可、それ以外の例えば「ここをクリック」とか「詳しくはこちら」なども使えない、ということです。

この文章を踏まえ、メンターさんたちは「ラベルをつけることが必須だよ」というわけです。

ラベルを付けないと広告配信停止を食らう、とおっしゃる方がいる…

ただ、ひねくれて言えば、ラベル以外にも広告を区別する方法は、あるはですよね。
(「必ずラベルを付けろ、でないとペナルティを受ける」は言い過ぎ感があるような気がします)

例えば「広告の周りに枠をつける」とか「バックの色(背景色)を変える」とか…
※区切り線は、ペナルティを受けたという人がいました。

だけど、それって、手間がかかりますよね。
でも、ラベルをつけるのは簡単です。

※ラベルを真ん中表示、の場合のコード
<p style=”text-align: center;”>スポンサーリンク<br />(あなたの)アドセンスコード</p>
これだけです。

「グーグルの広告を簡単に区別できるようにするには、ラベルをつけることが一番簡単!」だと言える、とは思います。

アドセンスから警告文が送られた話

とあるサイトに、アドセンスの警告メールがきた、ということが書いてありました。
警告メールと聞くと怖いですよね。

突然表示されなくなるそうです…Σ( ̄ロ ̄lll)!

「Google広告を紛らわしい方法で掲載することは禁止されています。最適な利便性を保つためGoogle広告とサイトのコンテンツは明確に区別する方法があります」

ときたので、お馴染みの「スポンサーリンク」を入れたら復活した、という話でした。
ここだけ見れば、やっぱりラベルは必要なんだな、と思いますよね。

ラベルを入れていないリンクもあったけど…?

でも、ラベルを入れていないリンクもあったけど??とも書いている。

さらに、ラベルをいれていても「紛らわしい広告表示」というペナルティが来た、という話。
※この場合はコンテンツに問題があったらしい。

とにかく、アドセンス側は詳しくは説明してくれないので、自分で解決方法を突き止めるしかないそうです

もちろん、このラベルがないサイトもいっぱいある
では、この人達には、なぜペナルティがない?
ちなみに私は3ヶ月付けていませんが、今のとこペナルティは無しです
ということは、ラベルをつける、付けないということだけでペナルティになるとは限らないともいえますよね。

ということでこの記事も参考にしてみてください。

アドセンス「スポンサーリンク」文字、付ける?付けない?

こんな疑問も?
アドセンスラベル「スポンサーリンク」or「スポンサードリンク」?